概要

商品名

ミニ四駆(ミニよんく)は、タミヤが発売している動力付き自動車模型の一種である。
2度のブームにより日本で一番売れた自動車模型のシリーズ。
累計販売台数は2005年8月現在で1億7000万台。
モーターを搭載した四輪駆動の模型で、単3型乾電池を動力源として走行する。
ラジオコントロールではない。

構造及び機構

構造及び機構

スケールは(一部を除き)1/32とされている。
これは単3形乾電池2本が入りやすいようにしたサイズである。
動力は単3形乾電池2本とFA-130サイズのモーター1個で、ギヤーとシャフトの組み合わせにより動力を前後の車軸に伝達し、4輪を駆動する。
従来の製品では、プロペラシャフト両端の二つのピニオン及び二つのクラウンギア、モーターのピニオン及びスパーギアとカウンターギアと呼ばれる2段ギアがそれぞれ一つで、計7個の歯車で減速、駆動している。
減速比は種類によるが11.2〜3.5程度で、ギア比を二つ選べる製品も多い。
モーターに近い側の車軸を2段減速とし、そこからシャフトで分岐する形でクラウンギアを2段介してもう一方の車軸を駆動している。
最新型のMSシャーシ(ミニ四駆PRO)では車体中央部に両軸出力モーターを配置しプロペラシャフトを廃している。

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net